TFC TOHOKUSHINSHA FILM CORPORATION

MENU
Loading

SHINSHA

SHINSHA

COLOR

Select words
  • SHINSHA
  • WILD
  • ACROBATIC
  • BRILLIANT
  • EPOCH
  • EVOLUTION
  • FRESH
  • CASUAL
  • BREEZY
  • EARTH
  • PROGRESSIVE

Scroll

  • ホーム
  • ニュース
  • STAR CHANNEL MOVIES 『スペンサー ダイアナの決意』10/14(金)TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開!ドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』も9/30(金)より世界初の劇場公開!

STAR CHANNEL MOVIES
『スペンサー ダイアナの決意』10/14(金)TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開!ドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』も9/30(金)より世界初の劇場公開!

東北新社 / スターチャンネル

クリステン・スチュワートがダイアナ元妃を演じ本年度アカデミー賞®主演女優賞にノミネートされた注目作『スペンサー ダイアナの決意』を、10月14日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開いたします。

また、公開に先立ち9月30日(金)からは、ドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』をTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほかにて劇場公開いたします。むき出しの彼女を捉えた当時の貴重な映像が伝える“ダイアナの生涯”とは。2作あわせての公開にぜひご注目ください

© 2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED

© 2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED

『スペンサー ダイアナの決意』
1997年8月31日、世界に衝撃を与えたダイアナ元皇太子妃の交通事故死。20歳でチャールズ皇太子と結婚、瞬く間に世界中で人気者となり“ダイアナ・フィーバー”を巻き起こした彼女は、2人の息子を育て、死の直前まで人道支援活動に力を注いだ「愛の人」でした。36年という短い生涯を駆け抜けたその生き様は、今なお世界中の人々に希望と感動を与え愛され続けています。

主役のダイアナを演じたのは「トワイライト」シリーズや、「チャーリーズ・エンジェル」シリーズなど、数々の話題作に出演してきたクリステン・スチュワート。本作で見せた渾身の演技は“キャリア史上最高”とも評され、アカデミー賞主演女優賞にも初ノミネートを果たしています。監督は、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』でジャクリーン・ケネディの知られざる姿を描き、主演のナタリー・ポートマンをアカデミー賞ノミネートに導いたパブロ・ラライン。ダイアナの孤独と苦しみを静かに浮き彫りにする鋭い洞察力と、その確かな手腕は本作でも健在です。1人の人間として生きることを決意したダイアナ妃の知られざる“決意の3日間”とは?ぜひ、劇場でご覧ください。

【作品情報】
監督:パプロ・ラライン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)
出演:クリステン・スチュワート(『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』) ジャック・ファーシング(「風の勇士 ポルダーク」)、ティモシー・スポール(『英国王のスピーチ』)、サリー・ホーキンス(『シェイプ・オブ・ウォーター』、ショーン・ハリス『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』)
2021年/イギリス・ドイツ/117分/英語/4K ヨーロピアン・ビスタ/5.1ch・7.1ch/
日本語字幕:川嶋加奈子/原題:Spencer
後援:ブリティッシュ・カウンシル 読売新聞社

公式サイト: https://spencer-movie.com
公式Twitter:https://twitter.com/Spencerfilm2022 (@Spencerfilm2022)

配給:STAR CHANNEL MOVIES
© 2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED

© 2022 DFD FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

© 2022 DFD FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

『プリンセス・ダイアナ』
彼女を本当に“殺した”のは誰?世界中で“ダイアナフィーバー”を巻き起こし、日本でも高い人気を誇ったダイアナ元皇太子妃のドキュメンタリー映画が今秋、世界初となる劇場公開。

メガホンを取ったのは、アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞にノミネートされた経験を持つ、気鋭のドキュメンタリー作家エド・パーキンズ監督。チャールズ皇太子との婚約数週間前から、衝撃的な事故死までの16年間が、当時のニュース番組の映像やホームビデオなど、あらゆるアーカイブ映像を繋ぎ合わせて語られ、ダイアナをこれまで以上に新鮮で身近に感じられる作品となっています。今年1月に開催されたサンダンス映画祭で初上映され、「ダイアナのドキュメンタリーの決定版!」「中毒性のあるドキュメンタリー」、など米メディアからも絶賛の声が相次いでいます。ぜひ、劇場でご覧ください。

【作品情報】
監督:エド・パーキンズ(Netflix『本当の僕を教えて』)
製作:サイモン・チン、ジョナサン・チン(アカデミー賞®2度受賞『シュガーマン 奇跡に愛された男』『マン・オン・ワイヤー』)
2022年/イギリス/109分/英語/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:The Princess/日本語字幕:佐藤恵子/字幕監修:多賀幹子
後援:ブリティッシュ・カウンシル 読売新聞社

公式サイト:http://diana-movie.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Dianafilm0930/ (@Dianafilm0930)

配給:STAR CHANNEL MOVIES
© 2022 DFD FILMS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

Copyright 2003–2022