TFC TOHOKUSHINSHA FILM CORPORATION

MENU
Loading

SHINSHA

SHINSHA

COLOR

Select words
  • SHINSHA
  • WILD
  • ACROBATIC
  • BRILLIANT
  • EPOCH
  • EVOLUTION
  • FRESH
  • CASUAL
  • BREEZY
  • EARTH
  • PROGRESSIVE

Scroll

沿革

1961〜196319611963
植村伴次郎が東京都港区芝田村町(現 西新橋)に株式会社東北新社設立
テレビ映画『ハイウェイ・パトロール』等の日本語版吹替事業をスタート
テレビ局への外国映画・ドラマの配給事業を開始
テレビドラマ『女の武器』を皮切りに『無法松の一生』『戦国群盗伝』等テレビ番組を制作
1964
株式会社新日本映画社を傘下に加え、CM制作事業を開始
1966
人形特撮テレビシリーズ『サンダーバード』をNHKに配給
1970
株式会社テレビテクニカを設立 ポスト・プロダクション業界に参入
株式会社ビデオ・グラフを設立 映像関連の商品販売事業を開始
1972
ナショナル麻布スーパーマーケットを買収 物販事業開始
1973
外国映画の配給業務及びCM制作業務の米国での拠点となるニューヨーク・オフィスを開設
1977
ハリウッド劇場映画『遠すぎた橋』を配給
1979
日米合作映画『将軍 SHOGUN』をパラマウント・東宝・テレビ朝日と共同製作
1981
テレビシリーズ『将軍 SHOGUN』が米国エミー賞、ゴールデングローブ賞を受賞
1983
ロサンゼルスにCENTE SERVICE CORPORATIONを設立
1984
株式会社二番工房を傘下に加え、CM制作事業を拡大
東北新社においてCG制作事業を開始
1986
株式会社スター・チャンネルを、SONY、米国NEWS、伊藤忠との4社の合弁により設立 放送事業に進出
現在のプロモーション事業の基礎となるセールスプロモーション事業を開始
1987
日本天然色映画株式会社を傘下に加え、CM制作事業を拡大
株式会社オムニバス・ジャパンを設立 デジタルポストプロダクション事業を本格的に開始
1989
スーパーチャンネルを開局
等々力放送センターを設立 衛星送出業務を開始
劇場アニメ映画『機動警察パトレイバー』を製作
1990
日本天然色映画株式会社を株式会社ニッテンアルティに社名変更
1992
デジタルポストプロダクションの株式会社デジタルエッグを電通との合弁により設立
1995
ファミリー劇場を開局
映像学校 映像テクノアカデミアを開校 教育事業を開始
1998
クラシカ・ジャパンを開局
2001
ヒストリーチャンネルを米国A&E社との合弁により開局
劇場アニメ映画『千と千尋の神隠し』を徳間書店・日本テレビ他と共同製作
劇場映画『陰陽師』を製作
2002
ジャスダック市場に上場
港区赤坂に東北新社新本社ビル完成・移転
2003
ACC(全日本シーエム放送連盟、現All Japan Confederation of Creativity)主催のCMフェスティバル(現 ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS)にて、グランプリ(現 総務大臣賞)を初受賞
以降、2004年、2006年、2009年、2014年、2017年、2018年、2019年 と受賞
2005
ザ・シネマを、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現スカパーJSAT)との合弁により開局
株式会社ティーエフシープラスを設立 カメラマンのマネジメントと撮影機材のレンタル事業を開始
2009
株式会社囲碁・将棋チャンネル(当時 サテライトカルチャージャパン株式会社)を傘下に加える
2012
スーパーマーケット「ナショナル麻布」新店舗オープン
声優プロダクション 株式会社オフィスPACを設立
2013
株式会社ニッテンアルティが株式会社リフト(2009年設立)を経て、株式会社ソーダコミュニケーションズとして設立
連結子会社のナショナル物産が日本酒製造・販売事業を分社化 株式会社木村酒造を設立
2014
東北新社×日本大学藝術学部 産学協同講座を開設
2015
東北新社が「ADFEST 2015」(第18回アジア太平洋広告祭)のSPECIAL AWARDS部門にて、PRODUCTION CONPANY OF THE YEARを受賞
2017
トレンダーズ株式会社と業務提携
株式会社ねこじゃらしと業務提携
2018
スターチャンネル 4K、ザ・シネマ4Kを開局
株式会社THReee entertainmentへ出資
モバーシャル株式会社と資本業務提携
2019
株式会社エイド・ディーシーシーと業務提携
東北新社が「Spikes Asia 2019」にてProduction of the YearにあたるSpikes Palm Awards 1位を受賞