TFC TOHOKUSHINSHA FILM CORPORATION

MENU
Loading

SHINSHA

SHINSHA

COLOR

Select words
  • SHINSHA
  • WILD
  • ACROBATIC
  • BRILLIANT
  • EPOCH
  • EVOLUTION
  • FRESH
  • CASUAL
  • BREEZY
  • EARTH
  • PROGRESSIVE

Scroll

  • ホーム
  • ニュース
  • 「第59回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」屋外・交通広告部⾨「JAA賞グランプリ」と「ベストパートナー賞」をW受賞

「第59回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」
屋外・交通広告部⾨「JAA賞グランプリ」と「ベストパートナー賞」をW受賞

オムニバス・ジャパン

東北新社グループの株式会社オムニバス・ジャパンが企画制作に携わった「新宿東⼝の猫」が、「第59回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」屋外・交通広告部⾨の最⾼賞である「JAA賞グランプリ」を受賞いたしました。
また、JAA賞グランプリに携わった企業や個⼈に対して贈られる「ベストパートナー賞」をあわせて受賞いたしました。

■「JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」について
「JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」は、公益社団法⼈⽇本アドバタイザーズ協会(JAA)が主催する広告賞で、審査員に広告の関係者を含まず、広告の受け⼿である消費者が⽣活者の視点から審査を⾏う世界でも類を⾒ない⼤きな特徴を持つ総合広告賞です。
今年度は、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、デジタル、屋外・交通の6部⾨合わせて1,530点の応募がありました。
全ての⼊賞作品は、同協会のHP( https://www.jaa.or.jp/ )にて発表されております。

■受賞作品「新宿東⼝の猫」について
新宿アルタ前広場、クロス新宿ビジョンのための錯視3Dを利⽤した映像コンテンツ。 単なる3D映像としてだけではなく、ランドマークキャラクターとして⼤きな猫がビルに住んでいるかのように設計。放映が始まる朝に猫が⽬覚め、⽇中に何度も現れ、夜は眠くなって猫⾃ら消灯します。⾼く狭いところが好きな猫の特性や⽿やしっぽと猫の感情の連動など、猫の存在感を巧みに演出しました。
2021年7⽉にテスト放映されるやいなや瞬く間に話題となり、海外メディアでも紹介。さらに猫をめぐる⼆次創作も多く登場し、SNSで拡散されました。
ルンバや⽇産、QVCなどとの企業コラボCMも制作され、現在も15分おきの時報とともに登場するだけでなく、時おり現れては街⾏く⼈をのんびりと眺める猫の姿をお楽しみいただ けます。
2022年も話題の尽きない「新宿東⼝の猫」、今後の展開にもご注⽬ください。

広告主:株式会社クロススペース
商品名:クロス新宿ビジョン

<オムニバス・ジャパン スタッフリスト>
クリエイティブディレクター:⼭本信⼀
プロデューサー:加賀美正和
CGスーパーバイザー:⻘⼭寛和
アニメーションスーパーバイザー:秋⽥雄介
アニメーター:平松達也
リギングアーティスト:⼭崎 崇
ルックデブアーティスト⻄⽥隆志
ライティング&コンポジットアーティスト:中江昌彰
デジタルアーティスト:川島優⼈
サウンドデザイン:Intercity-Express

「新宿東⼝の猫」特設サイト: https://www.omnibusjp.com/shinjuku3dcat/ 

Copyright 2003–2022